Introduction

ベルエポック(美しき時代)と呼ばれた19世紀末パリ。

普仏戦争での大敗、第二帝政から第三共和制への幕開け、そしてルイ・ナポレオン皇帝の死と政治的には非常に不安定な時代でしたが

産業革命をきっかけに経済都市として発達していた為に多くの見本市や博覧会を開催し、世界の「大都会」の一つとして発展した時代でもありました。

鉄筋を用いた建造物が数多く作られ、1889年にはエッフェル塔が登場。
美術の世界ではドガやルノワールといった印象派の画家が活躍し
90年代に入るとロートレックやシュレのポスターが美術史に名を響かせ、アールヌーヴォーの世界が始まります。

オペラやバレエといった総合芸術の世界では当時の風俗に影響され、芸術の水準が著しく低下した時代と言われていますが
フォリーベルジェールやムーランルージュといった大衆劇場、そして曲芸師や道化師を引き連れたサーカス興業も姿を現し
世俗文化が一気に繁栄した時代でもあったのです。

そんな当時に作られたアンティークドール(ビスクドール)達は
130年近くもの歳月を経た今でも、輝かしきベルエポックの名残を私たちに伝えています。

ビスク(二度焼きの陶器)の頭を持つ彼女たちは王侯貴族やブルジョワジー階級の子女たちの為に、大量生産と言えども

現在の産業ロボットが作る無機物な物ではなく、職人一人ひとりが手間と材料を惜しまず作り、その美しさは婦女子たちの永遠の憧れでした。
ジュモー、ブリュ、ゴーチェ等、数多くの工房が競うように人形業へと専念し、工房それぞれの個性豊かな人形たちは
ボンマルシェ百貨店といった一流デパートのショーウィンドウへと飾られ、当時のパリをガラス越しに見守っていたのです。

しかし1914年に第一次世界大戦が勃発すると、高級志向であったビスクドール界は衰退し
ベルエポックの輝きと共、彼女たちはひっそりと姿を消してしまったのでした。

半世紀ほどの歴史と言えども黄金期を築き上げたビスクドール。
彼女たちの表情はただ美しいだけではなく、職人達の惜しみない愛情による温かさ

そして世界大戦を二つも乗り越えた歴史の重みもあるように思えます。
本来芸術作品として作られた物では無いにせよ、ビスクドールは「美しき時代」に生きた人々の情景

言わば当時の世俗文化を読み取ることが出来る貴重な存在でもあるでしょう。

 

そんなビスクドールたちの存在を「CHARIS」にて、当時の歴史背景を思い浮かべつつ御覧頂けたらと思います。